トップメッセージ

トップメッセージ

21世紀のビジョンである、100年企業を目指す。
21世紀中に1兆円企業グループを目指す。
アジア・アセアン地域で事業展開するグローバル企業を目指す。

市場変動に強い経営システムと多角的な事業展開で成長し続ける企業体制を構築します。

株式会社G-7ホールディングスは、オートバックス事業を展開する「G-7・オート・サービス」をはじめ、業務スーパーを展開する「G-7スーパーマート」などを傘下に持つ持株会社です。中長期的な視点に立って、持続的な成長と安定を有する企業グループを目指し、機動的かつ柔軟な経営を行ってまいりました。

「売上高2,500億円」実現に向けて−。

G-7グループは、これまで「オートバックス」事業と「業務スーパー」事業を核に、変容する時代の要請に応えながら、常に多様な事業展開を行うことで成果を重ね、オートバックス、業務スーパーのフランチャイジーとして最大規模のメガフランチャイジーへと飛躍的な成長を遂げました。また2006年4月1日、純粋持株会社 株式会社G-7ホールディングスとして、グループ経営へ移行することでより大きな力を結集し、新たな挑戦としてバイクワールド事業、リテール事業、健康関連事業、食品製造・加工・販売事業、アグリ事業、精肉事業、ミニスーパー事業にも進出いたしました。

さらに今後は、海外事業(東南アジア)を加速させることで、2025年に迎えるG-7グループ創業50周年時「売上高2,500億円、経常利益70億円」企業グループ実現に向けて果敢に挑戦しています。

私たちG-7グループの情熱と挑戦はとどまることがありません。

代表取締役会長兼社長CEO 金田 達三