IR情報

ホーム > IR情報 > 経営方針 > トップインタビュー

トップインタビュー

"積極的な事業展開" と "利益重視の経営" の両輪で安定的な成長を図ります。

Gー7グループは、2020年までの中期経営計画の目標である売上1,700億円・経常利益70億円の達成に向け、既存事業や新事業の推進、利益重視の経営に引き続き取り組んでまいります。

代表取締役社長 金田達三
代表取締役社長 金田達三

当中間期の業績とその主な要因をお聞かせください。

第43期 中間期(平成29年4月1日〜平成29年9月30日)の連結業績は、売上高57,160百万円(前年同期比7.9%増)、営業利益1,624百万円(同12.7%増)、経常利益1,729百万円(同8.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益1,074百万円(同25.5%増)の増収増益となりました。

「売上確保、粗利率アップ、在庫コントロール、経費コントロール」のグループ方針の実践を継続し、既存店の収益力強化と、Gー7モールフェスティバルをはじめとするイベントの積極的な展開などの販売強化策を引き続き実施した結果が、上期の好業 績につながりました。また、オートバックス・車関連事業の売上が伸長したことや業務スーパーにおける既存店の活性化も、好業績の大きな要因にあげられます。

オートバックス・車関連事業については、主力のオートバックス事業において、国内タイヤメーカーによるタイヤ値上げに伴う駆け込み需要や、カー用品や取り付け工賃の売上も前年を上回ったことにより、売上高・営業利益ともに前年を上回る結果となりました。バイクワールドについては、平成28年11月に「バイク王&カンパニー」と資本業務提携を締結し、当期よりバイクワールドとバイク王のコラボ店舗を開始しました。この提携により、バイクの車検整備を強化できたほか、マレーシアの車関連事業も好調に推移し、増収となりました。

上期の業務スーパー・こだわり食品事業については、主力の業務スーパー事業で7店舗を新規出店したことや、引き続き低価格志向の消費者のニーズに応えるべく高品質な商品を低価格で提供することで好業績につながり、好調に推移しました。精肉事業のテラバヤシも8店舗を新規出店し、好業績に寄与しました。また、こだわり食品事業も新規取引先を拡大し、取扱商品と販売ルートが増えたことにより、好調に推移しております。

その他事業については、当社が平成29年5月に株式を取得した川瀬食品株式会社が運営するスーパー4店舗のうち、2店舗を業務スーパー、残り2店舗を株式会社G−7アグリジャパンが「激安スーパーめぐみのさと」として運営を開始しました。「激安スーパーめぐみのさと」内にめぐみの郷をテナントとして出店し、売上は伸長したものの、出店経費や野菜の廃棄処分等により減 益となりました。リユース事業では、名古屋市内と神戸市内にリユース王国をオープンし、今後は隣接する業務スーパーやバイクワールド等とのシナジー効果が期待できます。

下期の取り組みと通期予想についてお聞かせください。

リユース王国西神パルティ店

下期は引き続きグループ一丸となって、10月末から1週間開催する創業大感謝祭を皮切りに、販売強化策の実施による売上の底上げを図り、通期目標である売上高117,700百万円の達成を目指します。さらに、当社グループの主力事業であるオートバックス・車関連事業の販売力強化を図ります。これまで株式会社オートプラスが運営していましたオートバックス豊岡店(兵庫県豊岡市)とオートバックス東福知山店(京都府福知山市)を、平成29年11月1日に株式会社Gー7・オート・サービスが譲り受けることとなり、当社グループにこの2店舗が加わります。また、平成29年5月1日にグループ入りをした株式会社CrownTradingにおいて、東南アジアへの自動車販売のみならず、株式会社Gー7・オート・サービスが運営するオートバックスのカーズ事業(オートバックスの車買取販売事業)との連携を深めてまいります。

通期の連結業績につきましては、売上高117,700百万円(前期比6.6%増)、営業利益4,100百万円(同5.2%増)、経常利益4,300百万円(同5.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益2,200百万円(同5.8%増)を見込んでおります。

株主の皆様へのメッセージをお願いします。

Gー7グループは、創業45周年を迎える平成33年3月期(2020年度)までの中期経営計画で掲げている売上1,700億円、経常利益70億円の目標達成を目指し、M&Aを含めた積極的な事業展開と利益重視の経営を行い、株主の皆様をはじめとするステークホルダーの方々の期待に沿うべく、持続的な成長を図ってまいる所存でございます。なお、当期の配当につきましては、中間配当金を1株当たり25円、期末配当金は普通配当として1株につき25円の合計50円を予定しております。

株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を頂戴いたしますよう、心よりお願い申し上げます。