G-7について:株式会社G-7ホールディングス

ホーム > G-7について > 沿革

沿革:株式会社G-7ホールディングス

昭和50年10月
創業者 木下守が、加古川市のセブンボール駐車場内で「オートセブン加古川店」を開店し、 カー用品販売事業を開始。
昭和60年6月
創業10周年を記念し、加古川市に本社ビルが完成。
平成8年8月
大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
平成12年3月
本社を神戸市須磨区に移転。
平成13年5月
東京証券取引所市場第二部に株式上場。
平成14年1月
子会社 株式会社セブンプランニングを設立し、立地開発事業等を開始。
平成14年4月
子会社 株式会社サンセブンを設立し、食品・生活用品販売事業を開始。
フランチャイジーとして「業務スーパー」の展開を開始。
平成16年4月
子会社 株式会社バイクセブンを設立し、翌月に「バイクセブン 伊丹店」を開店。
平成16年9月
七福集団有限公司を香港に設立し、アジアにおける事業拠点を確立。
平成17年7月
創業30周年を記念し、グループ名を「G-7グループ」とする。
平成17年9月
東京証券取引所・大阪証券取引所 市場第一部に指定。
平成18年4月
G-7グループをホールディングカンパニー化。商号を「株式会社G-7ホールディングス」に変更。
オートバックス事業および新車・中古車事業部門を会社分割し、株式会社オートセブンを設立。
平成18年11月
福神産業株式会社の株式を取得し、完全子会社化。
株式会社タカツキの株式を70%を取得し、連結対象子会社化。
平成20年6月
株式会社シーアンドシーの株式を取得し、完全子会社化。
こだわり食品、TSUTAYA FCの事業運営を開始。
平成21年11月
リユース事業に進出。
「良品買館」を開店
平成21年12月
株式会社めぐみのさとの株式を取得し、完全子会社化。
アグリ事業に参入。
平成22年10月
株式会社タカツキと株式会社バイクセブンが合併し、株式会社G-7モータースに商号変更
平成22年10月
株式会社セブンプランニングが介護事業に進出、リハビリデイサービスnagomi1号店をオープン
平成22年10月
株式会社サンセブンができたて弁当と惣菜ショップ事業に進出、デリスタイルマーケット「Green'sK」1号店をオープン
平成23年3月
シンガポールに、100%の子会社G7INTERNATIONAL PTE.LTD.を設立
平成23年9月
「鉄板焼ビュッフェGreen'sK」1号店をオープン
平成23年12月
上野食品株式会社の株式を取得し、完全子会社化。
平成24年4月
マレーシアに、オートバックス1号店をオープン
平成24年4月
G-7グループ関東本部開設
平成24年10月
株式会社シーアンドシーが、株式会社コールドファミリーの株式を100%取得し、孫会社化。
平成24年12月
グループ会社の社名変更を実施
株式会社G-7・オート・サービス(旧株式会社オートセブン)、株式会社G-7スーパーマート(旧株式会社サンセブン)、株式会社G-7デベロップメント(旧株式会社セブンプランニング)、株式会社G-7食品システム(旧株式会社シーアンドシー)、株式会社G-7アグリジャパン(旧株式会社めぐみのさと)
平成26年1月
G-7食品システムが上野食品を吸収合併。
平成26年2月
マレーシアに海外初の「ら〜めん神戸(かんべ)」1号店をオープン
平成26年10月
G7インターナショナルPTE.LTD.(シンガポールの海外統括持株会社)全額出資で株式会社G7ジャパンフードサービスを設立
平成27年4月
株式会社G7ジャパンフードサービスが、グループ会社である株式会社G-7食品システムを吸収合併
平成27年6月
株式会社テラバヤシの株式を取得し、連結子会社とする。
平成28年4月
グループ会社の社名変更を実施
株式会社G-7リテールジャパン(旧デベロップメント)、株式会社G-7バイクワールド(旧モータース)、株式会社G-7ミートテラバヤシ(旧テラバヤシ)